静岡県から愛知県を中心に釣具の店舗販売を行う「イシグロ」のオンラインショップ

MENU

イシグロオンラインショップ

よくある質問

以前に買ったパーツを知りたい

マイページでは、以前にご購入された商品を確認することができます。

過去に購入したパーツのサイズなどを確認する時に便利です。ご活用ください。

パーツのサイズが合うか教えてくれますか?

商品ページのお問い合わせから、どのサイズのどの商品に取り付けたいのかをご記入して下さい。
お調べするのに時間がかかったたり、更に詳しくお聞きしないと分からない場合もあるので
予めご了承下さい。

サイトに載っていない商品を買えますか?

新品商品のみ対応が可能です。※中古品は対応できません。


こちらのお問い合わせフォームから取扱い希望品と必要数量をご記入いただければ、対応可能となる場合がございます。

※通常のお届けよりも時間が掛かります。また、支払い方法は『代引き』のみ可能となります。

パーツサイトで大量に注文したいのですが在庫がありません

こちらからご希望商品と数量をご記入の上お問合せ下さいませ。

ご対応できる場合がございます。

※通常のお届けよりも時間が掛かります。また、支払い方法は『『代引き』のみ可能となります。

返品はできますか?

■商品の返品・交換について

商品がお手元に届きましたら破損がないか、ご注文の商品と相違ないかをできるだけ早くご確認ください。

※中古商品のご使用後又はお客様都合による返品、交換は受け付けておりません。

■不良品・誤配送について

お届けした商品が不良品だった場合、また注文内容とお届けした商品が異なる場合は、交換を申し受けます。

その際は、商品到着後7日以内にお問い合わせフォームより必ずご連絡頂けますようお願いいたします。

ご連絡がないまま、商品を返送された場合、お取扱いができないことがあります。

■お客様のご都合による返品・交換について

「ご注文間違い」「サイズ違い」等お客様のご都合による返品・交換の場合も7日以内にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

返送料はお客様負担となります。

※中古品は受け付けておりません。

※また、下記の条件に当てはまる場合には、不良品・誤配送の場合でも返品・交換をお受けすることができませんので、予めご了承ください。

  • 商品到着後、7日以内にご連絡をいただけなかった商品
  • 使用済み、または修理等手を加えられた商品
  • お客様のお手元で、臭いが付着したり、商品や梱包に破損(汚れやキズ)が生じた商品
  • 商品タグ・ラベル・納品書・パッケージを紛失された商品
  • 商品(箱・付属品も含む)を当店へご返送いただいた状態が、お届け時と大きく異なっていた場合

コルクを加工して発送することは可能ですか

コルクに関してですが、加工することは可能です。

ただ天然素材の為、使用するコルクによって当たり外れがございます。

コルクの中心に穴が空いていないために、旋盤にかけた時にブレて綺麗に削れなかったり、削ってみたら中から大きな穴(くぼみ)が出てきたりする場合もございます。

これは避けようがございませんので、コルクに関しましてはその点をご理解いただいたうえで加工させていただいております。

ご依頼いただく場合は、加工するコルクの形状を細かくご指定下さい。

ただ上記の理由で、EVAほど正確には削ることは不可能です。

その点ご了承くださいませ。

 

また、弊社サイトより他にご注文いただくものがございましたら合わせて発送させていただくことが可能です。

この場合、加工後オンラインショップへ送ってから発送となります。支払い方法は代引きのみとなります。

コルクのみの場合は加工後、タックルオフ工房からの出荷となり、お支払方法が「銀行振り込みのみ」となります。

また加工のお時間をいただくこととなりますので、発送準備まで少々お待ちいただくこととなります。

あらかじめご了承くださいませ。


タックルオフ工房は全国から竿作りの依頼、修理、相談を受け付けております!!

初めてのロッドを自作したい方、ロッド製作をやり込んでいる方まで、『タックルオフ工房』が親切にお答えします。

▼クリック

スピニングロッドをベイトロッドにした場合の金額は?

※ステンレスガイドを使用、1色でなく飾り巻きの糸巻きでガイドを固定し、TRC-S200グリップセットを取り付けた場合

<パーツ代>

ガイド(PKWSG10101セット):4,100

グリップ(TRC-S200):4,600円

<工賃>

ガイド外し代:1,400

ガイド取り付け代:13,900

グリップ外し代:4,000

グリップ組立代:4,000

 

<合計金額>

32,000円(税抜)


タックルオフ工房は全国から竿作りの依頼、修理、相談を受け付けております!!

初めてのロッドを自作したい方、ロッド製作をやり込んでいる方まで、『タックルオフ工房』が親切にお答えします。

▼クリック

ソリッドティップからチタンティップへ変更できますか?

この度は、弊社サイトをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

お問い合わせいただきました「メタルトップへの改造」についてお答えさせていただきます。

今現在ソリッドティップがついているようですが、それをはずして取り付けることは不可能です。

外せないとなると、竿をカットしてそこにできた穴にメタルトップをつなぐこととなります。

その為、カットする位置は内部が空洞であることが前提となります。

通常ソリッドティップが繋いである箇所にガイドが取り付けている場合が多いですが、そこでカットしてもソリッドティップの「つなぎシロ」が入っているため、中は空洞になっていません。

その為、今回の場合ですとそのガイドの一つ下のガイドの部分でカットしてメタルトップをつなぐこととなります。

この場合、つなぐ部分の太さは比較的太くなってしまいます。

また、先端部をかなりカットすることとなる為、もともとの長さに合わせてメタルトップをつけようとすると、メタル部分がかなり長くなります。

一般的には、アジングロッドで取り付けるメタルトップの長さは15cm前後が多いですが、それ以上長くなってくるとティップ部分がかなり重くなりキャストもしづらくなってしまいます。

逆にカーボンソリッドティップはそれよりも長めに設定することがほとんどです。

本来であれば、カーボンソリッドの途中でカットしてそこにメタルトップをつなげるようにするのが理想です。

当然穴が空いておらずそのままでは接続することが不可能なため、金属のスリーブ(パイプ)を使ってつなぐ方法が考えられます。

ただ、残念ながら今現在当店ではそのような改造をお受けすることができません。

チューブラのロッドであれば可能です。

ただ、取り付ける部分の太さによってはあまりいい調子にすることができない場合もございます。

弊社がアジング用に開発したメタルトップは、取り付ける部分の太さ(元径)が1.5mmとなります。

綺麗に曲がる調子にするためには、つなげる竿の方の太さもほぼ同じ径であることが前提となります。

竿そのものの硬さや調子にもよりますが、竿のつなげる部分の太さは1.41.8mm位が理想となります。

上記は弊社オリジナルのメタルトップを取り付けた場合の太さとなります。

別途取り付けご希望の素材がある場合も同様に太さをご確認いただいた方がよろしいかと存じます。


タックルオフ工房は全国から竿作りの依頼、修理、相談を受け付けております!!

初めてのロッドを自作したい方、ロッド製作をやり込んでいる方まで、『タックルオフ工房』が親切にお答えします。

▼クリック

ガイド13個のヘチ竿を、全てトルザイトガイドに変更依頼した場合の金額は?

13個の場合で計算させていただきますと以下の通りとなります。

 

ガイド代:T-KTTG3.54.0 650円×13個=8,450

工賃:18,200

合計:26,650(税抜)

 

上記の通りとなります。

ガイドの取り付けの糸巻きのパターンですが、写真では黒一色に見えましたので、上記の工賃は単色にて処理した金額となっております。

飾りが入りますとその分工賃が上がります。

あらかじめご了承くださいませ。


タックルオフ工房は全国から竿作りの依頼、修理、相談を受け付けております!!

初めてのロッドを自作したい方、ロッド製作をやり込んでいる方まで、『タックルオフ工房』が親切にお答えします。

▼クリック

トラウトスピニングロッド8点ガイドをAGSに交換依頼した場合の金額は?

トップガイドはそのままで、その他のガイドをすべてAGSに変えた場合で計算させていただきます。

 

ガイド代:15,000~17,000円位

工賃:9,800

合計:24,80026,800円位(税抜)

 

おおよそ上記の通りとなります。

ガイドに関しましては、今現在ついているリングを基準とするかどうかで金額が変わってきます。

その為、大まかな金額となっておりますことをあらかじめご了承くださいませ。

また、トップガイドの交換も必要になった場合は、プラス3,000円ほどとなります。

 

工賃に関してですが、ガイド取り付けの際のスレッド(糸)巻のパターンを単色の場合で計算させていただきました。

飾りを入れる場合は別途料金が発生いたします。

 


タックルオフ工房は全国から竿作りの依頼、修理、相談を受け付けております!!

初めてのロッドを自作したい方、ロッド製作をやり込んでいる方まで、『タックルオフ工房』が親切にお答えします。

▼クリック

ロッドを振った時に、『カチカチ』と音がします。

竿から発する音の原因はいわゆる「ガイド鳴り」という現象になるかと存じます。

竿がしなるときにガイドの足の裏と竿本体の接触面から発する音です。

ただこの現象は、スレッドが緩むことだけが原因でない為、新品の竿でも起こります。

ガイドと竿本体が直接触れていることが原因の場合もあるでしょうし、その間に流れ込んだコーティングが原因の場合もあります。

決して不良ということではないため、多くのメーカーでも異常とは考えてないということです。

その為そのガイドを付け直したとしても、直らない場合があるどころか、更に音が大きくなる可能性もございます。

結局は「あたり・はずれ」ということになってしまいますが、竿を振るたびに音が鳴るのは気持ちが悪いですよね。

当工房では、極力このガイド鳴りが発生しないような取り付け方法をしておりますが、それでも100%防げるものではございません。

その点をご理解の上ご依頼くださいませ。


タックルオフ工房は全国から竿作りの依頼、修理、相談を受け付けております!!

初めてのロッドを自作したい方、ロッド製作をやり込んでいる方まで、『タックルオフ工房』が親切にお答えします。

▼クリック

磯竿5mのブリスター(ブランク塗装の気泡)修理は出来ますか?

過去にこちらでも何度かご依頼いただいたことがございます。

結論から申しますと、上からクリヤーを塗装したとしてもある程度は持つかもしれませんが、いずれは内側からはがれてくる可能性がございます。

 

一般的にブリスターは竿に水滴が付いた状態で長期間放置したことで起こるものです。

これはどのメーカーの竿でも起こりうることではあります。

爪でこするとボロボロ剥がれてしまう場合ですが、

勝手な見解としましては、クリヤー層とその下の塗装面の密着が悪いのではないかと思われます。

その為クリヤー層が劣化してくるとはがれてきてしまうと考えられます。

つまり上からクリヤーを塗装する前に、一度表面のクリヤー層をすべてはがす必要があります。

しかしこれを手作業で行うのは現実的ではないため、はがせるだけはがしてから塗装をさせていただいております。

当然をはがしてない部分は、もともとのクリヤー層が劣化してきてるわけですから、いずれははがれてくる可能性が高いということになります。

 

仕上がりとしましては、ブリスターで陥没した部分が若干へこんでしまったり、はがしきれなかった部分が気泡として残ってしまう部分も多少ございます。

またある程度厚塗りをしますので、竿が太くなることで誘導ガイドの止まる位置が若干変わってしまいます。

 

費用としましては、おおよそですが9,00012,000円位になるかと存じます。

状態によって若干金額が変わります。


タックルオフ工房は全国から竿作りの依頼、修理、相談を受け付けております!!

初めてのロッドを自作したい方、ロッド製作をやり込んでいる方まで、『タックルオフ工房』が親切にお答えします。

▼クリック

バス用スピニングロッドをベイトロッドに出来ますか?

ベイトロッドのスピニング化は可能です。

またその逆も可能です。

作業手順としましては、ガイドとグリップ全てを取り外します。

その後スピニング用のグリップで組み直し、スピニング用のガイドを付け直します。

当然ガイドの取り付け位置が変わりますので、そのままではガイドのはずし跡は残ってしまいます。

これを消すには再塗装する必要がございます。

ただ純正と同じカラーに塗装するのはこちらでは難しいです。

 

作業料金ですが、内容によってかなり変わりますが、おおよそ35,00050,000円程になるのが一般的です。

ご検討いただく場合は、詳しいご希望内容をご連絡くださいませ。

特にグリップ周りのデザインに関しては、パーツを指定していただくか、参考となるグリップの画像などを添付していただけますようお願い申し上げます。

トルザイトとAGSガイドの違いは?

AGSの長所は、トルザイトよりもさらに軽いため、軽さがもたらす感度向上・振りぬけの良さ・キャスト後のティップ収まりの早さが優れます。

トルザイトの長所に関しましては、AGSほどではないけれど感度や軽さも備えております。

またAGSの短所でありますフレーム強度に関しましては、AGSより上となります。

長所・短所がはっきりしているのがAGSで、トルザイトはオールマイティーな性能を持っているといえます。

 

またAGSは同じガイドサイズで見ますと、確かにトルザイトよりも軽量ですがシルエットが大きくなります。

特にティップ部分はトルザイトの方が小さいのがはっきりしますので、スマートに見えます。

このあたりは実用的な部分を重視するのか、見た目を重視するのかで変わってくるかと思います。

 

また作業をする側で考えますと、AGSはフット部分が太くなりますのでスレッド(糸)が巻きづらいです。

トルザイトは足が細い為、ティップ部分への取り付けも簡単にできます。

 

以上が違いとなりますが、どちらがいいかといいますと性能では「AGS」、トータルバランスで「トルザイト」という感じでしょうか?

結局は好みの問題になりますので、どちらがいいとは言い切れません。

値段の違いが一番大きいかもしれませんね・・・

曖昧な結論で大変申し訳ございませんが、ご参考いただけますと幸いです。

ソリッドティップの繫ぎ目より数センチ下で折れてしまいました。新しいソリッドティップを繫げますか?

今現在折れてしまっている個所に新たにカーボンソリッドをつなぐことは可能かと存じます。

ただ素材の種類が限られておりますので、長さや硬さは細かくは選ぶことができません。

調子は削りだすことである程度は調整することはできるかと存じます。

 

また折れている個所ですが、ソリッドが繋いであるところのガイドの数センチ下で折れております。

この折れた部分にソリッドをつなぐこととなるかと存じますが、一般的にはつないだ部分にガイドを取り付けるようにします。

そうしますとガイドの位置が変わる為、それより下のガイドバランスもとりなおす必要が出てきます。

つないだ部分にガイドをつけない方法もございますが、つないだ部分は補強をする必要がある為太くなります。

その部分が丸見えになるので見た目が悪くなってしまうのが難点です。

この部分の処理をどうするかで工賃が大きく変わってきます。

 

ご希望の内容で作業ができるかどうかは、折れてしまっている個所に関するデータを知る必要がございます。

以下内容をご確認くださいませ。

 

 先端(トップガイドがついている辺り)の外径

 ソリッドが繋いである下の折れてい待っている部分の外径

 トップからソリッド下の折れてしまっている個所までの長さ

  ソリッド部分の長さでなく折れてしまっているところまでの長さです

 

以上ご連絡いただけますと、ある程度ご希望の調子や元の長さで修理ができるかどうか確認ができるかと存じます。

できればノギスなどで正確に測っていただけますと幸いです。

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

TOP

しばらくお待ちください